緊急事態宣言解除後の<営業>について

5月25日より緊急事態宣言がいよいよ解除となりました。誠に嬉しい事ではございますが、未だ出口の見えぬ状況には変わりありません。

つきましては、HP冒頭に表示される「ご入湯のお願い」をご承知の上、以下のお願いにもご協力ください。

また、当館は元より療養の為に通われる方々の為の湯治場ですので、レジャー用の施設ではありません。この事をどうぞお忘れなくご利用の際は、今一度ご検討ください。

 

 

 

【ご利用される皆様へのお願い】

 

・ご来館時はマスクの着用をお願い致します

※館内での咳エチケットにもご協力ください。

 

グループでのご利用はお控え願います。

当館は元より団体・グループでのご利用には不向きな施設です。ご家族やお付き添いの必要な方々の為に【中座敷】(4名様まで)をご用意しておりますが、お仲間方でのご利用はこの最中、何卒お控え願います。

※先日も同一グループの方々が別を装い、ご利用されようとお越しになりましたが、他のお客様からのお声や当人方のご様子で必ず発覚します。この場合、当日のご利用、また今後のご利用もお断りさせていただきます。

※お声を掛ける我々も大変心苦しいものです。ずるい事はお考えにならず、正直にお申し出下さい。その日の状況にもよりますが、ご事情によってはご協力いたしますので、くれぐれもお願い申し上げます。

 

・館内でのおしゃべりはご遠慮願います。

特に【風呂場】【展望室】【縁側】などの共有部での会話はお控え頂きます様、ご協力お願い致します。

また【湯床】【中座敷】におきましても、何分建物が古いのでお声がよく届きます。

(ご亭主のグチの内容まで聞こえてくる程よく通ります。耳が痛いです、、。ご注意ください。)

他の方々の【安眠】や【療養】の妨げとなる場合は、係りの者がお声を掛けることがありますので、ご承知ください。

※おしゃべりはご自宅や、リモート会話でいつでも出来ます。ご滞在中は姥子の自然の音や、ご自身のお体の声に耳を傾けてみてください。

 

・互いに距離を適度に開けて、ご利用をお願い致します。

当館は、お席の数入館を制限させて頂いておりますので、廊下で人とすれ違うことが珍しい程ですが、

【脱衣場】【浴室】では密にならぬ様、お時間をずらしてご入浴ください。

お席や中庭で少しお時間を潰してくださいます様、ご協力をお願い致します。

※また、お仲間同士で一辺にお風呂へ行かれますと他の方々のご迷惑となります。

お風呂へ行かれる際は、お一人様ずつで行かれるなど、周りの方々へのご配慮をお願い致します。

(この点からもグループでのご利用は不向きであります)

 

・リモート会議、通話など音やお声の出るものはご遠慮願います。

ここ最近特に多くなってきております。先述の通り、お席やお座敷であっても、館内はお声や音が大変よく届きます。

周りの方々のご迷惑となりますので、こういった目的でのご利用はご遠慮ください。

※館内はネット環境もなく、天気によっては圏外の日すらありますので、そもそも通信は不向きな場所です。お仕事のことは一度お忘れになり、静養にご集中ください。

 

個室や完全プライベートをお求めの方はご遠慮ください。

建物は全て共有部です。他のお客様もご利用されているという事をご認識頂き、どなた様もお静かに願います。

また、お借りいただく【湯床】や【座敷】も先述の通り、声や音を始め、外からも多少見えます。いわゆる【貸し切り個室】【完全プライベート空間】ではありません。

※秀明館でご提供しておりますものは【プライベート】【個室】ではなく

【湯】【時】です。

 

・ご利用時間は必ずお守りください

お使い頂いた【お席】の【清掃・消毒】お時間をいただいておりますので、後の方の為にもお時間は遅れずにお願い致します。ご利用時間はお会計の際にお渡ししますレシートに入館時間が記載されておりますので、ご退館まで無くさぬ様お持ちください。

※お気に召しましたら追加のご延長も承りますのでご遠慮なくお申し出下さい。

 

・スマートフォン、カメラなど館内での撮影はお断りしております。

今に始まったことではありませんが、風呂屋でカメラはご法度です。当人は良くても周りは嫌なものです。または、あらぬ疑いが掛かる事もありますので、ご自身の為にも館内では持ち歩かず、お荷物と一緒におしまい頂きます様お願い致します。

 

・・・色々と口やかましくお願いをして参りましたが、何卒ご理解とご協力お願い申し上げます。

【姥子の湯】は遠く離れてしまった自然の営みの中に人が帰る為の入口です。こちらで働かせていただいている日々の中でそう感じる様になりました。

そして湯守りの役割は、この入口の門番を皆様から任せて頂いている様なものです。

口うるさくお願いをするのもどうぞご勘弁ください。

どなた様も心静かに湯治に専念していただきます様、よろしくお願い申し上げます。

一刻も早い収束を、日々祈っております。

秀明館 湯守り

Comments are closed.