梅雨明けの候

頃のご愛顧誠にありがとうございます。

先日梅雨入りが発表されたと思いきや、アッと言う間の梅雨明けとなり、いよいよ本格的に夏へとなって参りました。誠に残念ながら今年は雨の少ない空梅雨となってしまい、岩盤からの湧出は以降の雨に期待といったところです。

 

現在姥子でも日中の気温が25℃まで上がってきておりますが、風が通ると涼しさを感じます。

この時季、水風呂やエアコンのキンキンに冷えた風も気持ちの良いものですが、湯上りは自然の風に当たってゆっくりと汗が引いていく感覚がなにより心地良いです。

年々強烈になっていく柔軟剤の香りからも、都会では汗をかく事が不潔な事とされる風潮が強くなっていますが、温泉は汗をかきに行くところです。ご存知の通り発汗は体温調整の為の大切な体の機能で、自律神経に由来する作用です。緊張などのストレスで冷や汗をかくのはこの為です。

自然の風に当たりながらゆっくりと汗を乾かしていると心地よいのは、この自律神経のバランスが整っていく過程とも言えます。サウナ好きの方々の【整う】といった言葉が正しくこの事だと思いますが、心臓の弱い私個人としては極端に温度差のある温冷浴で【整わせる】のではなく、やはり温泉と自然の風でゆっくりと汗が引いていくひと時が、何より整います。

 

浴衣に着替えた後は浮世のしがらみから解放され、大切な体の機能である発汗を始め、普段無意識に行われている【心】にも繋がる体の働きにぜひ意識を向けてみてください。

※長時間の入浴は避け、一度の入浴時間を10分ほどに細かく入浴される事をお勧めいたします。また汗で出ていく分のこまめな水分補給をお忘れなく。

 

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

秀明館 湯守り

 

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です