最高潮の湧出です

先日の豪雨は各地で猛威を奮い、箱根でも道路や交通機関に影響が出ました。

翌朝、浴場からは湯の吹き出る音が聞こえ、浴槽が水没するほどの湧出が始まっていました。十年ほど前に関東を直撃した豪雨の際も、この様な光景を目にした事がございます。今回の様な勢いのある湧出は約十年振りです。

(男湯)

 

(女湯)

 

※男女共、浴場の排水が追いつかない程の湧出量です。

こういった豪雨の後や、湧出直後のお湯は、湯が地熱で十分に温まる前に出してしまう為、どうしても源泉温度が低く、浴槽がぬる湯となってしまいます。普段の秀明館の熱い湯を楽しみにされている方は、湧出がある程度落ち着くまで、お待ちいただいた方がよろしいと思います。(1~2週間ほどかけて、ゆっくりと温度が上がってくるかと思われます)

ぬるい、熱いといった事は抜きに自然の営み、特に今回の湧出は猛威を奮った豪雨そのものの勢いが、湯を通して体に染み渡ります。

皆様のお越しをお待ち申し上げます。

湯守り

Comments are closed.